2008年08月20日

熊本旅行・その1

夫の九州出張に、家族でついて行きました

新幹線で博多まで行って
レンタカーを借りて、一路
「水俣病資料館」へ

水俣病は、子どもの頃社会の授業で
公害の一つと学び、

そういえば、数年前に
水俣病が発生した地区の
魚介類を食べても
もう安心になったという
報道がされたなぁ〜

という記憶で、初めて行きました

どんなことが展示されているか
と思うと
ちょっとどきどき…

水俣病がどんな原因で発生したのか
どうやって、それが解明されたのか

病気にかかってしまった方や家族は
どんな想いで日々過ごしていたのか

たくさんの資料が展示されていました

中でも、企画展示の
『その時細川一チッソ附属病院長はどう動いたのか』

は、感動しました

医師としてつとめていた会社が
病気の原因を作っていることがわかりつつあった

そういうとき
勤め人としての自分と、医師としての自分と
どういう生きていくのか

今より50年以上昔のこと
勤め人としてよりも、医師としての
良心に応えた細川一先生

葛藤の気持ちが記されたノートも
あるようですが
すばらしい生き方だと思いました
posted by まゆみん♪ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。